一人暮らしの賃貸物件はこう選ぶ!

総合的な費用を踏まえて判断する

一人暮らしの際には費用面のことをよく考えた物件選びをすることが大切です。経済的に負担になりにくい物件を選ぶには、無理のない家賃帯を選択するのが鉄則と言えるでしょう。収入と相談をしつつ、家賃に使える金額を整理しておけば、自分が選択できる物件もスムーズに絞り込めます。家賃問題を考える際には、駐車場代や管理費なども含めて計算しましょう。初期費用も気になるところですが、敷金や礼金が不要だったり、フリーレントの設定があったりする物件も多いです。こうした物件なら初期費用を節約しやすく契約のハードルも低めと言えます。ただ、敷金が不要な物件は退去する際に高い費用が掛かることもあるため、デメリットを把握した上で選ぶようにしましょう。他にも都市ガスかどうかもチェックポイントのひとつです。プロパンガスは都市ガスと比べて料金が高めになることが多く、たとえ家賃が安くともガス代が高く付くこともありますよ。

快適に暮らせる立地かどうか

立地も物件選びの重要なポイントです。まずは通勤通学において便利な場所なのか考えてみましょう。毎日の移動で苦労をするような場所ですと、精神的にも体力的にも辛くなってしまうかもしれません。その時だけの気持ちで考えず、これから長く暮らすことを踏まえて負担になりにくい場所を選ぶことが大切です。商業施設の有無もチェックしておきましょう。コンビニやスーパー、飲食店など、買い出しや食生活に役立つ施設は近くにあった方が何かと便利です。万一のことを考え、病院も付近にあると助かるはずです。一人暮らしでは頼れる人がいないこともあるため、いざという時の事態にも備えておきましょう。女性の場合なら防犯面も重視したいところです。物件によっては、夜になると周辺が真っ暗になるようなこともあるため、夜間の状況についてもチェックしておくことをおすすめします。

札幌西区の賃貸では分譲グレードの物件も登場しました。室内や共用部の設備にも注目して新たな住まいを選んではいかがでしょうか。